2016年09月09日

東京簡易裁判所平成27年(少コ)161号事件について

関係各位

加藤圭一郎です。
お世話になっております。
 
私としては東京簡易裁判所平成27年161号事件について、今後一切関わりたくないと申し上げておきます。
 
以上です。よろしくお願いします。
 
 
 
このようなやりとりがあり、
[2016/09/09 11:12:06 | 11:12:10を編集しました] tenku_Kato: お答えいただけていませんが、
あなたが裁判を起こして私がどれだけ苦労したと思っているんですか?
[2016/09/09 11:18:47] Ryo Lee: 僕が訴訟を行っていることで加藤さんが苦労しているというのは意味がわかりません
 
その後このようなスカイプでの発信があり、
コウモリ氏は私に対する「スタッフの権利保護」を放棄したと認識しています。
[2016/09/09 22:54:59] Ryo Lee: ちゃんと謝罪しないなら、今後は一切かかわりません。
 
 
 
東京簡易裁判所平成27年161号事件とはこの事件となります。
posted by tenku at 11:55| Comment(2) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何があったのかいまいちよくわからないのですが。
Posted by amakanata at 2016年09月13日 08:23
原告の掲げていた「スタッフの権利保護」のやる気がなく、責任感より保身のほうが強いと感じたので、原告でも被告でもない私はリスクを負ってまで何かをするのが嫌になったということですね。
関わりたくないので何があったかは私から説明したくありません。経緯については原告、被告ともに違う視点だと思います。私からの視点でもはや語られることはないでしょう。
Posted by cdr65820 at 2016年09月13日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: